WEB MAGAZINE

#006-Confidence Man

#006-Confidence Man

オーストラリア・ブリスベン出身のエレクトロポップバンド。2017年にデビューシングル『Bubblegum』をイギリスのHeavenly Recordingsからリリース。翌年発表したアルバム『Confident Music for Confident People』からは「Catch My Breath」がApple のCM曲として使用され、世界的にも知名度を上げることとなった。2022年4月にはニューアルバム『Tilt』をリリースし、国内外で高い評価を得ている。

#006-Kowloon

#006-Kowloon

LA出身のミュージシャン兼映画監督。自宅のホームスタジオから楽曲制作のほとんどを自ら手がける。2020年の『Walk With Me』の発表から活動を開始。2021年にはデビューアルバム『Come Over』リリース。同年にはシングル「Hurt」が仏名門レーベルKitsunéのコンピレーション『Kitsuné America,The West Coast Edition』に収録されるなどその完成度の高さがうかがえる。

#006-Skegss

#006-Skegss

オーストラリア・バイロンベイ出身のサーフ/ガレージロックバンド。2014年7月にデビューシングル「L.S.D」を発表。2015年4月にギターメンバーがサーフィンに集中すべく脱退し、グループはトリオとして継続。その後、シングルやEPを多数発表し、2018年にデビューアルバム『My Own Mess』をリリース。ARIAアルバムチャートで2位を記録し話題に。その約2年半後にリリースしたセカンドアルバム『Rehearsal』も、同アルバムチャートで初登場1位を記録するなど、勢いを増している。  

#006-8485

#006-8485

通称「eighty」。カナダ・トロントを拠点に活動する、新世代のエレクトロポップ・スター。8485名義でのソロ活動だけでなく、ユニットHelix Tearsのメンバーでもあり、コラボ曲も多数。SoundCloud、bandcampの流れを中心としたインターネットミュージックシーンで人気を集め、最近ではunderscoresなどの客演にも参加するなど、Z世代を中心に近年盛り上がりを見せているハイパーポップ界の中でも一線を画す気鋭の存在。

#006-Dua Saleh

#006-Dua Saleh

スーダン東部カッサラ生まれ、ミネソタ州ミネアポリスを拠点に活動する詩人、シンガー。幼少期に渡米、その頃から詩を書き始める。2016年のButton Poetry Liveで「Pins and Needles」を披露し、作詞の才能が一躍話題に。その後プロデューサーMike Freyと出会い、活動のフィールドを音楽へ広げ、2019年に1st EP『Nūr』を発表。俳優としてNetflixドラマ『Sex Education』にも出演するマルチアーティスト。

#006-BENEE

#006-BENEE

BENEE   2000年生まれ、ニュージーランド・オークランドを拠点にするインディーポップシンガー。2019年に発表したデビューEP『FIRE ON MARZZ』が注目を集め、多数の国内アワードを受賞。さらに同年11月発表の2ndEP『STELLA & STEVE』のうち「Supalonely」がTikTokでバズり、楽曲使用動画が累計1000万本投稿されるなど、一躍巨大ストリームを獲得。等身大で堂々としたメッセージとカラフルなサウンドが特徴の、次世代を代表する大型新人。